工場

サイトマップ

引火性のない離型剤を使えば現場スタッフが安心して作業に専念できる

職場の安全性が確保されていないと、そこで業務に従事するスタッフが仕事に集中することが難しくなります。シリコンやゴム製品を作るためには、金型を使った成型作業が必要ですが、こうした現場に引火性液体が大量にあったらどうでしょうか。作業スタッフは、いつ出火するかと気が気ではなく業務効率も落ちるでしょうし、集中できないことからくるミスも多発するでしょう。
成型作業を行う現場でこのような事態が考えられるとすれば、引火性溶剤を使った離型剤を大量に備蓄している場合でしょう。製品をスピーディに大量生産するには、メヤニが出にくく効果の持続性が高いなど、高性能の離型剤を選択することも重要ですが、加えて、現場で追加塗布可能なものを用意しておく必要もあります。しかし、引火性のある製品を揃えておくのは、現場スタッフにかなりの負担をかけることになります。それだけではなく、一定量を超える場合は、該当する法規制に従って、費用をかけて施設設備を整える必要も出てきます。
フッ素コーティング剤が主成分のフッ素系離型剤には、引火性のない溶剤を使った製品があります。フッ素系離型剤は、メヤニが出にくい、少量でも確実な効果があるなど、そもそもが優れた特徴を持つ離型剤です。これに加え、引火性についても心配せずに済むのですから、現場に非常に優しい離型剤と言えるでしょう。

離型剤のお陰でゴムパッキンの交換が簡単に出来る

自宅キッチンで普段から圧力鍋を使っている人は大勢いるでしょう。圧力鍋は、鍋だけでは圧力鍋としての効果をフルに発揮することは出来ず、鍋蓋、特に、鍋の内圧を高めて維持するためにゴムパッキンが果たす役割が、要中の要と言えます。それだけに、圧力鍋を酷使するとゴムパッキンは劣化しやすくなり、劣化したパッキンは使えないばかりか危険でさえあります。そんな時は、全く同じサイズ、同じ形のゴムパッキンに交換すれ…

引火性のない離型剤を使えば現場スタッフが安心して作業に専念できる

職場の安全性が確保されていないと、そこで業務に従事するスタッフが仕事に集中することが難しくなります。シリコンやゴム製品を作るためには、金型を使った成型作業が必要ですが、こうした現場に引火性液体が大量にあったらどうでしょうか。作業スタッフは、いつ出火するかと気が気ではなく業務効率も落ちるでしょうし、集中できないことからくるミスも多発するでしょう。成型作業を行う現場でこのような事態が考え…

ワックス系と比較すると際立つフッ素系離型剤の使い易さ

フッ素コーティング剤を成分として使ったフッ素系離型剤は、特に現場で成形作業に関与する人達からの人気が高い製品です。その理由としては、メヤニが生じにくいことや、引火性がなく安全な製品が使えること、連続離型に耐える力が強く何度も塗布し直ししなくても大量の成型をこなせるといったものがあります。しかし、フッ素系離型剤が現場で使いやすい理由としては、もう一つ、クリーンに作業できるというものがあります。…

薄型製品を製造するならフッ素コート剤専門メーカーで離型剤を買おう

プラスチック製品等の製造販売に従事していて、今後、消費者のニーズや好みに合わせてより薄型の製品を作ろうと検討中なら、離型剤の見直しが必要になるでしょう。薄型製品は成型・離型が難しく、高い離型効果を発揮する離型剤を選択しないと、生産効率が大幅にダウンしてしまいます。こうした製品の成型にはフッ素コーティングの特長を活用したフッ素系離型剤を採用するのが最善策ですので、フッ素コート剤専門メーカーから…

TOP